ドラえもんの面白さはここにあり?|38作品の歴代ドラえもん映画がついにプライムビデオで公開!|個人的に好きな5作品を紹介
Prime video:ドラえもん映画

こんにちは、ドロップです。

今年も残すところ僅かになりましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

年越しを前に、忘年会や大掃除といったイベントでバタバタし始めているのではないでしょうか。

しかし、私はそんなこと露知らず、相変わらず家でゴロゴロとしている日々を送っています。

まあ、そんなことは、皆さんにとってどうでもいいことでしょうがね。

それよりも、ついにあの名作アニメの映画「ドラえもん」が、アマゾンプライムで一挙公開されたわけですよ。

これは、良い機会だし、見に行くしかない!

ということで、何個か見てきました。ですから、今回、私が個人的に好きな5作品のドラえもんの映画を紹介しようと思います。

この冬を友人と鍋でぬくもるのもよし、ケーキを食べるのもよし、恋人と電飾が張り巡らされた木を見に行くのもよし。

そして、また、家でドラえもんを鑑賞して過ごす冬もいいんじゃないです?

プライムビデオで公開された38作の映画ドラえもん

プライムビデオの公式ツイッターで、以下の通り、12月20日より38作の映画ドラえもんが公開されることが発表されました。

ちなみに、今回公開された作品には、一昔前のドラえもんから今のドラえもんの映画まで含まれています。ですから、大山世代しかしらない大人たちでも、安心して昔の作品を楽しむことができます。

また、1月からドラえもん以外にも、数多くの人気作品が公開される予定みたいですね。

ですから、この冬休み期間を通して、充実した動画鑑賞をするのはいかがでしょうか。

Prime Videoを体験しよう!

個人的に好きな5作品

それでは、個人的に好きな映画ドラえもん5作品を紹介したいと思います。

また、特に、今回選んだ作品に決まった基準があるわけではありません。しいて言うならば、私にとって思い入れの深いものを選んでいます。

風を自由に操る風の民との大冒険「のび太とふしぎ風使い」

台風が去ったある日、スネ夫は自分の家の庭で光る卵が落ちていることに気づく。その球体から生まれてきた小さな風の生き物。お転婆で人懐っこい性格のその生き物をのび太は妹のように可愛がり、のび太はその生き物にフーコと名付けるのだった。しかし、そのフーコが生まれてきた理由には深い事情があって…。

本作「のび太とふしぎ風使い」は、天候に関する環境問題が描かれているのですが、特別、人間が自然を壊したということを伝える物語ではないと思います。ですから、純粋に出会いと別れ、そしてファンタジーな風を操る風の民との大冒険を見る映画だと思っていただいたらいいと思います。

みどころ、風を使ったゲーム・風弾ダーツ、ウランダーに乗っ取られたスネ夫の可笑しいまでの悪人ずら。

特に、子供からすれば風弾ダーツは楽しめるポイントなのではないでしょうか。現に、私が子供だったころ、「こんな楽しいゲームがあるんだ!」、と思ったものです。(現実にはないのだけどね)

のび太たちが7万年前の日本で活躍する物語「のび太の日本誕生」

親や学校の都合を押し付けられることに嫌気がさした、のび太、ジャイアン、スネ夫、しずか。彼らは誰もいない場所へと家出をするべく、タイムマシーンで7万年前の日本へ向かうのだった。そんな中、のび太の家に石器時代の格好をした少年が突如現れる。彼は、どうやら、時空乱流に巻き込まれてしまったらしく、7万年前の中国あたりからのび太たちが住む時代に飛ばされてきていたらしい。のび太たちは、彼を元居た場所に連れていくべく動くが、彼の親族や村の人々は、暗闇族を従えるギガゾンビと呼ばれる精霊の手によって、さらわれてしまっていたのだった。のび太たちは、彼の親族や村人を助け出すことができるのか。また、ギガゾンビの正体とは何者であるのか…。

本作は、親や学校の都合に嫌気がさして家出を決行する子供たち、一から自分たちで思い通りの街を作ろうとする子供たちがテーマとなっています。

みどころ、誰もない7万年前の土地ではしゃぐのび太たち、ツチダマの拍子抜けするような声といじりたくなるようなキャラクター。特にツチダマは、昔に見たドラゴンボールの全王様と通ずるところがある気がする。

秘密道具、ラジコン雨雲、ラジコン太陽、等々。

あと、日本人の祖先はドラえもんたち(未来人)の手によって生まれたらしいです。

人類とロボットとの対立が描かれた物語「のび太と鉄人兵団」

北極に謎の青い球体と次々と空から降ってくる機械の部品らしきもの。のび太は、その部品が一つの巨大なロボットの部品であることに気づき、その部品を集めてロボットを組み立ててみることに。しかしながら、そのロボットを完成させ、いざ動かしてみると、ロボットに恐ろしい力が秘められているのだった。また、そのロボットのことを探す不思議な女性がのび太たちの前に現れるのだが…。

1986年に公開されたロボットと人類の対立が描かれる本作「のび太と鉄人兵団」。その中でみられる、ロボットに情をもって接する人間、そして、もともと敵対していた人間に情を抱くロボットの様子は、本作が一昔前の映画であることなど関係なく、また、AIの進歩が騒がれる現代だからこそ、より実感をもって理解できる物語なのではないでしょうか。

みどころ、のび太たちの誰もいない逆世界での自由さかげん、不思議な女性・リリィの最後の決意。

劇中に登場する主な秘密道具、逆世界入り込みオイル、やまびこやま、等々。特に、逆世界での飲食自由の夢みたいなシチュエーションは、私だけじゃなくみんな幸せに感じられると思う(よね?)。

のび太にうり二つの王子・ティオが登場する作品「のび太の太陽王伝説」

ドラえもんの秘密道具・万能舞台セットを使って白雪姫の劇の練習をするのび太たち。ジャイアンは、自分のコンサートのため、その秘密道具を勝手に持ち帰ってしまうのだった。ジャイアンから万能舞台セットを取り返すため、ジャイアンが寝ているその日の夜に、タイムホープを使って時空間をつなげるドラえもん。しかし、その時に起こったジャイアンとのいざこざで、タイムホープの時空間が歪み、古代のマヤナ国につながってしまうのだった…。

本作では、のび太とうり二つの男、マヤナ国の王子・ティオが登場してきます。ティオは、のび太のおっとりとした性格とは異り、崇高で、誰にも頼らず女性に対しても強くあたってしまうような性格です。その王子とのび太が出会い、王子はどういった影響を受けるのか。また、マヤナ国の征服を企む不気味な魔女・レディナから、王子に仕えるククを救い出すため、王子はどういった行動を起こすのか。そういったところが本作の注目するべきポイントになると思います。

みどころ、ポポるの愛しさ、のび太とティオの互いの生活を入れ替えてから見られる二人の反応とそれに振り回される周りの人たち、のび太がティオに力を貸すやさしさ、など。また、本作はのび太の次の名言が登場します。

王子様、僕が味方したって大した戦力にはならないと思うけど。1たす1は、1よりも少なくなるとは、僕、思わない。だって、一人じゃないんだもん。

のび太

つまり、微力でも誰かの手を借りたほうが絶対にいいということ。その例えをのび太君はわかりやすく説明してくれているのですね。

秘密道具、万能舞台セット、タイムホープ、お天気ボックス、等々。

たぶん、この映画で一番の被害者はククだと思います。だって、同じ人物だと思って同じ態度を示したら急にあたりが強く帰ってくるのだから。。。

犬や猫が進化した世界が描かれる物語「のび太のワンニャン時空伝」

身勝手な人間によって捨てられた野良犬や野良猫たち。そういった動物たちを放っておけないのび太は、ドラえもんの道具を借りて、彼らに食事を用意し、一時的な居場所の確保してやるのだった。しかしながら、どこにいっても人間が支配し、彼らが安心して暮らせる場所など、この世界にはない。そんな時、のび太はタイムマシーンで恐竜や人間のいない3億年前に動物たちを連れて行くことにする。それから、久しぶりに彼らに会いに行こうとするのび太たちであったが、過去への移動中にねじれゾーンに巻き込まれ、3億年前よりも1000年進んだ時代に放り出されてしまうのだった。そして、そこで彼らが目にしたのは、犬や猫が人のようにしゃべり、歩く、彼らの著しく進化した世界だった…。

本作は、人間の身勝手で捨てられてしまった犬や猫たちがテーマとなっています。ですから、本作は、特に、ペットを飼っている人にとっては感情移入がしやすい作品なのではないでしょうか。ちなみに、私は犬や猫を飼ったことはありませんが、十分感動しました。

みどころ、野良犬・イチとのび太の出会い、イチとのび太の熱い友情、イチとのび太の感動的な再会。結論、イチとのび太の関係性。

秘密道具、無料フード製造機、進化退化光線銃、わんにゃんごっこつけ耳、等々。

ペットを物のように扱う人間は身勝手で、迫害を受ける動物たちがそういった人間に対して憎しみを抱いていてもなんら不思議ではない。そのような動物たちの気持ちを、本作では悪役側は持つものとして描かれているが、彼に対して我々人間は、何を言うことができるのだろうか。

まとめ:この冬は映画ドラえもんと過ごしてみるのはいかがです?

今回は、ドラえもんの映画が一挙公開されたということで、その中から個人的に好きな5作品を選び、このように紹介させてもらいました。

いかがだったでしょうか。ドラえもん、観たくなりましたか?

いやー、幼い頃、私はドラえもんに会いたいと心から願ったものです。ですから、今回のプライムビデオでの一挙公開はうれしいばかりですね。

しかしながら、私はひさしぶりに映画ドラえもんを鑑賞して、ドラえもんの映画の素晴らしさを改めて感じることができました。

特に、ドラえもんの映画では根本に環境問題や倫理観といった複雑なテーマがあっても、そのテーマを象徴する愛らしいキャラクターに置き換えられて物語が描かれているから、わかりやすくていいですよね。

そのおかげで、子供でもストレスを感じることなくそういった複雑なテーマを享受することができ、子供たちはそれについて考えるきっかけとなるので、ドラえもんの映画は子供に自然とか倫理とかの大切さを知ってもらうための教材として、素晴らしい作品なのではないでしょうか。

そして、今なら、プライムビデオを利用すれば、いくらでも作品を鑑賞できるわけですから、ものすごくよい時代になりましたよね。ほんと。

Prime Videoで何度でも視聴できます

本作は、Prime videoで現在(記事投稿時)公開されていますので、Amazon Primeの会員であれば何度でも視聴することができます

ちなみに、Amazon Primeの会員になるためには年会費4900円、特に学生であれば年会費2450円と半額で登録することができるようになっています。

注:公開内容は変更されることがありますので、事前に自身で確認なさってから登録をお願いします。

そのため、学生は学生のうちにサービスを受けておく方が圧倒的にお得です。

また、Prime会員になればその他のAmazonのサービスにおいて様々な恩恵を受けることができるので、一度自分で受けられるサービスを確認して、登録するか検討してみてください。

Prime Videoを体験しよう!

本サイトについて

本ブログでは、映画やアニメの紹介、そして日記的なものを発信しています。具体的な本ブログの紹介についてはここのページをご覧ください。

まだまだ自分の理想とするブログに近づけていませんが、興味を持っていただけたのなら、ありがたいです。これからもよろしくお願いします。

そして、ツイッターやっています。適当につぶやいています。

@drop49668135