あなたは娼夫の仕事を知っていますか?|娼夫になった男の物語|映画「娼年」
Prime video : 娼年

女性に性を売る商売、娼夫。

彼らは、女性からお金をもらい性交を行う人たちですが、多くの人にとってあまり良いイメージをもった職業ではないでしょう。

しかし、娼夫の仕事によって救われる人達も存在するのです。

今回は、そのような物語、映画「娼年」を紹介しようと思います。

作品情報:娼年

 (C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

Directors 三浦大輔
 Starring 松坂桃李真飛聖冨手麻妙
  Genres DramaRomance

あらすじ

主人公の森中領(もりなかりょう)は東京の名門大学生。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。ある日、領の中学校の同級生でホストクラブに勤める田嶋進也(たじましんや)が、美しい女性をバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。「女なんてつまんないよ」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香が手がける女性専用コールクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく。

Prime video : 娼年

簡単に説明するならば、無気力に過ごす大学生・領が、ある時、娼夫になり、仕事を通して様々な女性たちの欲深さを知っていく物語です。

また、本作では、領が娼夫になることを決意した背景、そして女性の抱える様々な欲望が色濃く描かれていきます。

huluを体験しよう!

関連記事

映画.com『娼年

otocoto『女性たちのリアルな欲望とセックスを描く衝撃作『娼年』 監督・三浦大輔×主演・松坂桃李 ロングインタビュー

映画ナタリー『「娼年」松坂桃李インタビュー

予告PV

みどころ

娼夫の仕事

本作の主人公・領は、東京の名門大学に通う聡明な大学生。彼は日常で得られる刺激を知り尽くし、女性との性交すら退屈と感じるくらい無気力な日々を過ごしていました。そんな彼が、バイトとして働くバーで、ある女性と出会い、娼夫を始めることになります。最初はお金目的に娼夫を捉えていた領。彼は、仕事で様々な女性と出会い、 徐々に、 娼夫に対してやりがいすら感じるようになっていくのですが…。

本作では、物語の舞台が東京を中心とした街で次々と切り替わっていきます。そして、その中で見られる高級感の漂う雰囲気と娼夫となった領の心理的変化は、本作のみどころの一つでしょう。

たとえば、麹町、渋谷、円山町、表参道、高田馬場、池袋、熱海、などが本作には登場しますが、各地域に基づいて女性たちの雰囲気が異なるところもポイントです。

彼が娼夫としてみていく世界、そして、彼によって心が満たされていく女性たち。そういった娼夫の物語は、その職業に馴染みのない人にとって、強く印象に残るのではないでしょうか。

女性の欲望深さ

本作は、女性たちの抱える欲望の奥深さを伝える、かなりディープな物語です。この物語では、主人公・領は数多くの女性と体を交えます。

また、その女性たちは様々な欲望や寂しさを抱える人たちばかりです。

たとえば、年上であることに引け目を感じる女性変わった性癖を持つ女性旦那とセックスレスとなった女性、など。背景は異なりますが、様々な欲望や寂しさを抱える女性たちが登場します。

もしかしたら、皆さんの中にも、自身の歪んだ欲望を抑え込み、正常に欲求を解消できないまま、日々を過ごしている人もいるのではないでしょうか。

本作では、そういった女性たちに焦点を当てて描かれているため、特に、女性視聴者にとって魅力的な作品になっているかもしれません。

そして、その中で見られる、女性たちの

様々な欲望の解消の仕方、また、様々な性交の様子

も本作の見どころとなっています。

舌を複雑に絡めあうキス、声を張り上げて欲望のままに行う性交。本作で描かれるそういった濡れ場のシーンには、多くの人を惹きつけるような迫力がありました。

また、個人的には、なにより、娼夫という夜の世界で欲望を満たす女性たちが描かれる本作において、基本的にこれといった不幸な結末が用意されていないところはよかったですね。

娼夫の欲望

母を幼くして失くした領。彼は、そういった過去を抱え、いつしか、大人の女性に対して魅力を感じるようになります。そうした中で描かれる、彼の娼夫側としての欲望もまた、本作の見どころの一つ

欲望深い女性を相手にする仕事の娼夫。それに従って、娼夫を務める側もまた、欲望深い何かを持っていなければこの関係は成立しないのかと、本作を観ていくうちに気づかされます。また、そういった点で、領は娼夫となる素質を持ち合わせたピッタリな人物像なのかもしれません。

そして、物語の終盤で、領の過去について語られる場面で知らされる、領とバーで知り合った女性との知られざる深い関係には注目です。

なるべくして娼夫になった領の物語。ぜひ、彼の人生についてもご覧ください。

本作のきりとり

領君は私がいる世界とは別の世界の人なんだね。これが売れっ子のプロの仕事なんだね。

白崎 恵

このセリフは、娼夫になる前から領に好意を抱いていた女性・恵が娼夫になった領に会った際、言い放たれたセリフです。

また、このセリフは、不真面目なことを嫌い、娼夫のことをよく思っていなかった彼女が、娼夫になった領に出合って、彼のことを肯定する重要なシーンで登場してきます。

私にとって強く印象に残ったシーンでしたので、今回は上記のセリフを切り取らせてもらうことにしました。

まとめ:欲望深い女性と娼夫になった男の物語。

本作は東京の大学生が娼夫になる物語でした。

率直な感想として、娼夫という仕事になじみのない私にとって、とても印象に残る作品でした。終始、ディープな世界観に圧倒されていました。

そして、なにより本作は

娼夫は倫理観や法律といった様々な問題を別とすれば、歪んだ感情を持つ人にとって娼夫が唯一の健全を保つ存在であるならば、一概に悪いものでもないのかもしれない

ということを考えさせてくれる、よい作品だと思います。

映画「娼年」

子供にはあまりお勧めするようなものではないかもしれませんが、本作は、大人の方にとって、娼夫に対する考えを変えてくれるきっかけとなるかもしれない、見て損のない作品ではないでしょうか。

また、そういった世界に興味のある方、そして、彼らの生き様なんかを知りたいと思う方におすすめの作品です。

また、老若男女に人気のある俳優・松坂桃李が主演の本作は、彼に興味のある人や少し大人な世界を知りたい若者にとっても、魅力的な作品かもしれません。

HULUで見る

本作は、現在(記事投稿時)HULUで公開されています。そのため、HULUに登録すれば何度でも視聴することができるでしょう

また、HULUでは様々なコンテンツが充実しています。ぜひ、これを機に興味のあるコンテンツをHULUから探して見るのはいかがでしょうか?

注:公開内容は変更されることがありますので、事前に自身で確認なさってから登録をお願いします。

huluを体験しよう!

本サイトについて

本ブログでは、映画やアニメの紹介、そして日記的なものを発信しています。具体的な本ブログの紹介についてはここのページをご覧ください。

まだまだ自分の理想とするブログに近づけていませんが、興味を持っていただけたのなら、ありがたいです。これからもよろしくお願いします。

そして、ツイッターやっています。適当につぶやいています。

@drop49668135