彼女の閉ざした心を開くために|心を閉ざしてしまった女の子の物語|映画「心が叫びたがっているんだ」
Prime video : 心が叫びたがってるんだ。

幼少期のトラウマ。

それは、心に深く刻まれ、呪いとして自分を縛り付けます。

だけど、だれかの声に触れ、あるきっかけを経てしまえば、もしかしたら、そういった呪縛は、案外簡単に解かれるのかもしれませんね。

今回は、そのようなトラウマを抱える女の子が登場する物語、映画「心が叫びたがっているんだ」を紹介しようと思います。

作品情報:心が叫びたがっているんだ

原作:超平和バスターズ
監督:長井龍雪
脚本:岡田麿里
メイン声優:水瀬いのり
      内山昂輝
公式ホームページ:心が叫びたがっているんだ

関連記事

AnimeAnime.jp 「「心が叫びたがってるんだ。」水瀬いのり×雨宮天 キャスト対談 “フィルムに残る、掛け合いの空気感”

予告PV

あらすじ

幼い頃、何気なく発した言葉によって、家族がバラバラになってしまった少女・成瀬順。そして突然現れた“玉子の妖精”に、二度と人を傷つけないようお喋りを封印され、言葉を発するとお腹が痛くなるという呪いをかけられる。それ以来トラウマを抱え、心も閉ざし、唯一のコミュニケーション手段は、携帯メールのみとなってしまった。高校2年生になった順はある日、担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命され…。

Prime video : 心が叫びたがってるんだ。

簡単に説明するならば、言葉にトラウマを抱える女の子が少しずつ心の殻を破っていくお話です。

本作では、彼女が心を出すことのできない苦しみ、そして彼女を理解してくれる者の存在が描かれており、そしてミュージカルを通して彼女が徐々に心を開いていく様子が見どころとなっています。

みどころ

玉子の妖精

本作の主人公・成瀬順は、幼い頃、おしゃべりで夢みがちな女の子でした。

そんな女の子が、ある時、おしゃべりであるがあまり、両親の中を引き裂いてしまう出来事を起こしてしまいます。

そして、父が家を出ていくときに言われた、「全部お前のせいじゃないか」という言葉。

彼女は、その強烈な出来事がトラウマになって心に残ります。

また、そうした中、もう余計なことは言わない様にと、口を閉ざしてしまう呪いをかける玉子の妖精が彼女の前に現れ。。。

理解者

高校2年になった成瀬順は、担任の先生から地域ふれあい交流会と名のつくイベントの実行委員に選ばれます。

心を出すことが苦手な彼女は、もちろん、実行委員になることを最初は拒むのですが、先生の強制執行によって参加させられてしまいます。

しかしながら、順と同じく実行委員に選ばれた、坂上拓美、田崎大樹、仁藤菜月たち。

順にとって彼らとの出会いが運命の転機。彼らの存在が閉ざされた彼女の心に変化をもたらすことになるのです。

彼らとの間で発生する人間模様と成瀬順の変化。本作において重要なポイントです。

ミュージカル

地域ふれあい交流会の出し物は、先生の提案してきたこともあって、ミュージカルをすることになりました。

そして、本番に向けて実行委員のメンバーたちは準備を始めるのですが、その過程で見られる、彼女やメンバーたちの新たな気づきは印象的です。

特に、本作の主人公の成瀬順は、歌なら心を出すことができるかもしれないと、ミュージカルを通して自分の心を歌に乗せてみることに挑戦しようとします。

その中で、言葉を出せない呪いに苦しめられながらも、強く彼女が変わろうとする姿は、同じく心を出すことが怖い者にとって、きっと、勇気を与えてくれるものでしょう。

ところで、地域ふれあい交流会の本番、ある出来事によって彼女は突然姿を消してしまうのですが。。。

本作のきりとり

消えろとか、そんな簡単に言うな。言葉は傷つけるんだから。絶対に取り戻せないんだから。後悔したって、絶対に取り戻せないんだから。

成瀬順

”消えてくれよ”という言葉が飛ぶ場に出くわした成瀬順。

彼女は、言葉で人を傷つけてしまった過去があり、言葉の怖さをよく知っているため、そのような心無い言葉をいう者に上記のセリフを言い放ちます。

普段は口を閉ざした彼女が声を大にしてまで伝える、「言葉は傷つけるんだから」。

彼女の説得力のある上記のセリフには引き付けられ、まさに誰かにかける言葉には気を付けなければならないと考えさせられるセリフですね。

まとめ:心を開く者の大切さ|心を出すのが怖い人を肯定してくれる作品

本作は、幼いころに言葉で人を傷つけてしまったトラウマを抱える女の子が、周囲の人物と交わを通じて、少しずつ心の殻を破っていくお話でした。

否定されてしまうことの恐れ、自分が誰かを傷つけてしまうことの恐れ、要因は違えど、言葉を発することが怖くなり、どんどん自分を責めてしまう人もいるでしょう。

だけども、本作は、心を打ち明けることで苦しむこともあるかもしれないけれど、自分を責めすぎるよりはよっぽどよいと感じさせてくれる物語です。

そのため、彼女のように心を出せずに苦しんでいる人にとって、きっとこの物語があなたを肯定してくれる存在になってくれるのではないでしょうか。

閉ざされた誰かの心が誰かの心に触れますように。

Prime Videoで何度でも視聴できます

本作は、Prime videoで現在(記事投稿時)公開されていますので、Amazon Primeの会員であれば何度でも視聴することができます

ちなみに、Amazon Primeの会員になるためには年会費4900円、特に学生であれば年会費2450円と半額で登録することができるようになっています。

注:公開内容は変更されることがありますので、事前に自身で確認なさってから登録をお願いします。

そのため、学生は学生のうちにサービスを受けておく方が圧倒的にお得です。

また、Prime会員になればその他のAmazonのサービスにおいて様々な恩恵を受けることができるので、一度自分で受けられるサービスを確認して、登録するか検討してみてください。

Prime Videoを体験しよう!

本サイトについて

本ブログでは、映画やアニメの紹介、そして日記的なものを発信しています。具体的な本ブログの紹介についてはここのページをご覧ください。

まだまだ自分の理想とするブログに近づけていませんが、興味を持っていただけたのなら、ありがたいです。これからもよろしくお願いします。

そして、ツイッターやっています。適当につぶやいています。

@drop49668135