あなたは尾行をする意味を知っていますか?|尾行をする女性の物語|映画「二重生活」
Prime video : 二重生活

誰かの後をつける尾行。大半の方が、ストーカーや警察の追跡といった尾行を想像することでしょう。

だけども、後をつけるのが面白いわけでもなく、相手に興味を持ったからでもないのに、尾行が習慣になっていたという人もいるらしいのです。

そして、そのような目的のない尾行を遂行する女性が描かれた物語が本作「二重生活」。

少し彼女の生活をのぞいてみましょうか。

作品情報:二重生活

公開日: 2016年6月25日
原作:小池真理子
監督:岸善幸
音楽:岩代太郎
映画脚本:岸善幸
メインキャスト:門脇麦
        菅田将暉

関連記事

MOVIE Collection「『二重生活』門脇麦×菅田将暉インタビュー

予告PV

あらすじ

大学院で哲学を学ぶ平凡な学生、珠。同棲中の恋人卓也との日々は、穏やかなものだった。ところがそんな毎日は、担当教授から修士論文の題材に“哲学的尾行”の実践を持ちかけられたことで一変する。それは、無作為に選んだ対象を追ういわば〝理由なき尾行″。半信半疑ではじめた、隣人、石坂への尾行だったが、彼の秘密が明らかになっていくにつれ、珠は異常なほどの胸の高鳴りを感じ、やがてその禁断の行為にのめりこんでいく-。

Prime video : 二重生活

簡単に説明するならば、主人公の珠が尾行によって対象者の生活を覗き見る、哲学的尾行を始めたことで、今まで過ごしてきた日常生活が徐々に狂い始める様子が描かれた物語です。

みどころ

哲学的尾行

彼氏と同棲しており、文系の大学院に通う女性・珠。彼女は、修士論文の研究テーマについて悩んでいました。

そこで、彼女は指導教授にそれについて相談しに行くのですが、そこで、目的のない尾行、哲学的尾行を研究テーマに持ち掛けられます。

最初は、尾行に対して戸惑いがあった珠。しかし、一度、尾行をやってみようと、近所に住む編集者の石坂を尾行のターゲットに決めるのでした。

そして、石坂の生活をのぞきこむ生活が始まった珠。彼女は、彼の抱えるある秘密を目にし、少しずつ尾行で得られるスリル感や興奮を体験していきます。

尾行によって珠が知ってしまった彼のある秘密、それから珠と彼の近づく距離間によって狂い始める珠の生活。それが本作では、大きく物語展開を左右してきます。

二重生活

表面的な生活と秘密を抱えて送る生活。二重生活。

誰にも言っていないこと、旦那に言わずに貯めたへそくり、友人に嘘をついて過ごす毎日。

形が違えど、多かれ少なかれ秘密を抱えて、人々は日常生活を送っているのではないでしょうか。

本作では、そのような秘密を抱えた生活、いわゆる二重生活を送る人たちが、何人も登場してきます。

彼らが抱える秘密とはいったい何なのか。ぜひ、そちらに注目して見てもらいたいです。

本作のきりとり

平凡で穏やかで裏切りも隠し事も嘘もないひたすら公平な愛だけで満たされている人生などどこにもない。人は苦しみからも逃れられない。ほんの少しその苦しみを軽くしてくれるもの。きっとそれが秘密である。理由のない尾行とは他人の場所と立場に身を置くこと、自分を他人と置き換えること。すなわち、互いの人生、情熱、意思を知ること。それは、人間が人間にとってかけがえのない存在となるおそらく唯一の道ではなかろうか。

白石珠

院生である珠が「現代日本における実存とは何か」という題目で書いた修士論文の中の一部です。

私は哲学のことについて全然知りませんが、私なりに上記の内容を簡単な言葉で要約すると、

自分の存在価値は他人と自身の気持ちを照らし合わせることでしか高めることはできない

ということをここでは伝えているのだと思いました。

また、それを実現するための一つの手段が尾行であり、本作では哲学的尾行と銘打って尾行を始める珠の様子が描かれています。

尾行であろうがなかろうが、他人と自分の違いを考えることは、結果として客観的な視点を持つことにつながるということですね。

まとめ:尾行は他を知るための一つの手段

本作では、相手に干渉することを目的とした尾行ではなく、相手を知るための手段としての尾行、哲学的尾行が登場します。

私は、尾行に対して、性的嗜好を満たすような尾行、いわゆる、ストーカー行為のようなイメージのものしかなかったのですが、他を知るために行う尾行が存在するというのは意外でした。

しかしながら、作品を通して登場人物の人生を観察することもまた、一種の尾行のようなものといえるのではないでしょうか。

哲学的尾行が意味することは何であったのか、考えさせられる作品でした。

Prime Videoで何度でも視聴できます

本作は、Prime videoで現在(2019年7月2日)公開されていますので、Amazon Primeの会員であれば何度でも視聴することができます

注:公開内容は変更されることがありますので、事前に自身で確認なさってください。

ちなみに、Amazon Primeの会員になるためには年会費4900円、特に学生であれば年会費2450円と半額で登録することができるようになっています。

そのため、学生は学生のうちにサービスを受けておく方が圧倒的にお得です。

また、Prime会員になればその他のAmazonのサービスにおいて様々な恩恵を受けることができるので、一度自分で受けられるサービスを確認して、登録するか検討してみてください。

Prime Videoを体験しよう!

本サイトについて

本ブログでは、映画やアニメの紹介、そして日記的なものを発信しています。具体的な本ブログの紹介についてはここのページをご覧ください。

まだまだ自分の理想とするブログに近づけていませんが、興味を持っていただけたのなら、ありがたいです。これからもよろしくお願いします。

そして、ツイッターやっています。適当につぶやいています。

@drop49668135