少年と少女は打ち上げ花火を背景に恋を確かめあうのだった|打ち上げ花火が彩る夏のラブストーリー|アニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」
Prime video : 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

気がつけば春も終わり、夏が来ようとしています。もう少しすれば、蝉も鳴き始めることでしょう。

春は春でほのぼのとして心地いい季節であり、過ぎ去っていくのはどこか寂しいですね。

しかし、夏は夏で海・夏祭り・プール・フェス・花火大会などと多くのイベントがあります。今から待ち遠しい方もいるのではないでしょうか?

ところで、ついに「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」がPrime Videoで公開されました。

映画自体は2年ほど前に話題になったのですが、私は見に行けておらず気になっていたのでちょうどよかったです。

今回はその作品について書いていこうと思います。

作品情報:アニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」

本作は、岩井俊二監督のテレビドラマ「if もしも」が原作の作品です。

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」はそれをもとにアニメ映画に再編されて、 2017年8月18日に公開されました。

公開当時は、著名な制作陣の起用や人気の高い若手俳優が声優を務めることもあって、多くの期待が寄せられていましたね。

ちなみに、千葉県の旭市飯岡町が舞台になっており、作中に登場する灯台は千葉県銚子市にある犬吠埼灯台がモデルになっているそうです。

実際に聖地巡礼に行かれた人がいましたので、そちらの方のサイトを紹介しておきます。作品で出てくる場所や建物が現実のまま忠実に再現されているみたいなので、ぜひ気になる人は聖地巡礼してみてください。

http://astral01.hatenablog.com/entry/2017/10/01/195328

あと、メディアで大きく取り上げられていた印象があり、実際どの程度盛り上がっていたのかが気になったので、興行収入を調べてみました。

一般社団法人日本映画製作者連盟が出している情報によると、興行収入は16億円ほどのようです。

同年に公開されたアニメ映画「君の膵臓をたべたい」や「メアリと魔女の花」などの興行収入を見てみると、どちらも30億をこえていますので、少し物足りなかったというところなのかもしれません。

Prime Videoを体験しよう!

新房監督によるインタビュー記事

animate Times「新房昭之総監督が考える、実写作品をアニメ化する意義とは?『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』インタビュー

予告PV

https://www.youtube.com/watch?v=XFnrnF_v5MI

あらすじ

夏休み、とある海辺の町。花火大会をまえに、「打ち上げ花火は横からみたら丸いのか?平べったいのか?」で盛り上がるクラスメイト。そんななか、典道が想いを寄せるなずなは母親の再婚が決まり転校することになった。なずなは典道を誘い、町から逃げ出そうとするのだが、母親に連れ戻されてしまう。なずなを救えなかった典道は、もどかしさからなずなが海で拾った不思議な玉を投げつける。すると、いつのまにか、連れ戻される前まで時間が巻き戻されていた…。原作は『Love Letter』『リップヴァンウィンクルの花嫁』の岩井俊二。脚本は『モテキ』『バクマン。』の大根仁。総監督を務めるのは『化物語』『魔法少女まどか☆マギカ』の新房昭之。アニメーションスタジオ「シャフト」と最強タッグを組み、“繰り返される夏の一日”を描いたラブストーリー。

Prime video : 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

簡単に説明するならば、主人公が過去に戻れる力を手に入れ、現実でおきた後悔を取り戻そうとする話です。

いわゆる、「時をかける少女」のようなタイムリープもので、少年少女が何度も時間をさかのぼる話な訳ですが、本作ではある夏の一日を描いたラブストーリーがテーマの一つとなっています。

青春、ラブストーリー、タイムリープの3点セットは、様々な作品で描かれてきたテーマだとは思いますが、しかしながら、いつだって興味がそそられるテーマですよね。

みどころ

本作は、全体的にアニメーションが美しく、少年少女の甘酸っぱい恋を描いた、とても夏にぴったりの青春ストーリーだと感じました。

そこで、私が感じた本作の見どころを4つに分けて紹介しようと思います。

アニメで描かれる美しい映像

アニメ映像を作っているのが数多くの作品を手がけるアニメ制作会社のシャフトであることもあって、映像はとてもきれいに仕上がっています。

特に、なずなが電車の中で歌いだすシーンは印象的で、アニメながらの表現を駆使して描くファンタジーな世界観には引き込まれました。

加えて、本作においてカギとなる打ち上げ花火も美しく描かれており、もしもの世界に行くたびに、平べったい花火、丸くも平べったくもない花火、丸い花火、と様々な打ち上げ花火がみられるところも、本作の見所の一つです。

もしもの世界を通して変わる二人の行動

本作では、想いをよせる二人の恋愛を拒むものがでてきてうまくいかない、といった展開で話は進んでいきます。そのシチュエーション自体は恋愛物語の定番ともいえますが、本作ではもしもの世界を通して解決していくので新鮮でした。

また、その中で、物語は、なずなが典道と家出を決心するのはいいものの、なずなは母親に、典道は友人の祐介に追い掛け回されるはめになって、思い通りには話が進まない、といった流れで進んでいきます。

そこで、典道はもしも玉という道具を使って過去に戻り、正しい方向へと選択を変えていくのですが、そういったことが現実では不可能であるからこそ、違った先にあった世界がどのようになっているのか、気になるというものです。

是非、彼らにとって大きな分岐点と違った世界線で巻き起こる物語をご覧ください。

作中にちらばる「もしも(If)」をイメージさせるものたち

タイムリープものということで、作中には様々なもしもや時間の巻き戻しをイメージさせるような物が、至る所で登場します。たとえば、標識が表す分岐、風車や螺旋階段などの時間の巻き戻しを表すメタファーなど、いろいろなものが作中にちらばっています。

そのなかでも、個人的に一番面白いと感じたところは、もしも玉の中のフィラメントがifになっているところです。最初観たときには直球すぎる表現にとまどいもありましたが、タイムリープが生じる瞬間がわかりやすくなっていて、実は良いのかも?なんて思わされました。

しかしながら、より入念にみていくと、私が気がつかなかった、もっと細かなところにも、隠されているかもしれません。

気になる方はぜひ探してみてください。

恋心をよせる少年少女の夏物語

典道は幼さが残る少年として描かれている一方、なずなは対称的に少しミステリアスで大人びた少女として描かれています。この中学生における男の子と女の子の心の成長具合の対比は、現実的にもよくあることでしょう。

ちなみに、それがよく表れていたやりとりに、典道がなづなに「家出?」と問いかけるのに対してなずなが「駆け落ちよ」と言い張るシーンや、なずなが「私にはビッチの血が流れているの」といったシーンなどは顕著に現れていたところだと思います。

こんなやりとり、現実に中学生がするのかはわかりませんが、実際、多感な年ごろである中学時代を恋愛の原点だと感じている大人が少なくない(個人的見解)と考えると、わからなくもないやり取りなのかもしれません。

そのような中学生の恋愛事情を取り上げ、夏が終わると離れ離れになってしまう儚い夏物語として描き上げている本作は、どこか喪失感を感じられずにはいられない美しい作品です。

本作のきりとり

どっちでもいいよ。丸くても平べったくても、こんな変な形でも、典道君と二人でいられるなら、そんなのどっちでもいい。

及川なずな

作中の後半でなずなが典道に語り掛けた言葉です。

もしもの世界に移りいびつな花火を目の前にしてあっけにとられる典道が「この世界は違う」となずなに言ったのに対して、なずなはそんなことどうでもいいと答えるのです。

なんていうか、中学生だからこその純愛を見せられた感じですよね。

どんな形であれ一緒にいられるならそれでいい、真に愛するということはまさにそういうことなのかもしれません。

まとめ

夏の青春を描くアニメ映画は世に多数存在していますが、本作はその仲間入りを果たした作品なのではないでしょうか。

実際、本作の原作であるドラマ版は賞を獲得するほどの作品で、本作には原作者の岩井俊二監督が脚本にも加わっているため、製作者サイドとしては満足のいく出来栄えだったのではないでしょうか(実際のところはわかりませんが)。

また、私自身ももしもの世界を通して二人が結ばれていく様は見ていて好印象であったし、全体としても素晴らしい作品だったと思います。

夏に恋愛をする予定のある方、そして昔の淡い恋愛に浸りたい大人たちなど、ぜひ一度、夏が始まる前に本作を視聴しに行ってはいかがでしょうか。

Prime Videoで何度でも視聴できます

本作は、Prime videoで現在(2019年7月2日)公開されていますので、Amazon Primeの会員であれば何度でも視聴することができます

ちなみに、Amazon Primeの会員になるためには年会費4900円、特に学生であれば年会費2450円と半額で登録することができるようになっています。

そのため、学生は学生のうちにサービスを受けておく方が圧倒的にお得です。

また、Prime会員になればその他のAmazonのサービスにおいて様々な恩恵を受けることができるので、一度自分で受けられるサービスを確認して、登録するか検討してみてください。

Prime Videoを体験しよう!

本サイトについて

本ブログでは、映画やアニメの紹介、そして日記的なものを発信しています。具体的な本ブログの紹介についてはここのページをご覧ください。

まだまだ自分の理想とするブログに近づけていませんが、興味を持っていただけたのなら、ありがたいです。これからもよろしくお願いします。

そして、ツイッターやっています。適当につぶやいています。

@drop49668135